株式会社フォースリー
取締役 事業推進本部/業務推進本部 本部長 山田良介様
業務推進本部 社長室 大橋梓乃様

お客様の声

株式会社フォースリー

取締役 事業推進本部/業務推進本部 本部長 山田 良介様
業務推進本部 社長室 大橋 梓乃様

「人の可能性を最大化する」をミッションに『QUORIZa』や『LOGRIZa』といった
自社ツール開発など、独自の事業展開をする『株式会社フォースリー』。

オフィス移転で『敷金半額くん』をご利用いただいたポイントや感想について伺った。

Q:御社の事業内容についてお聞かせください。

山田:弊社はインターネット広告事業とメディア運営事業を展開しています。

インターネット広告事業はいわゆる『アフィリエイト』と呼ばれる成果報酬型の広告を取り扱っています。

インターネット広告業界にはいろいろなプレーヤーがいるのですが、弊社は広告主様、ユーザー様の間をつなぐ運用会社(代理店)及びメディア運営というポジションになります。

メディア運営事業では、お客様に商品をご紹介する記事型のランディングページ(LP)を製作・運用しています。

弊社では商品をユーザー様によりよく理解していただき、ニーズにあった商品やサービスとの出会いを創出し購入・利用の決定に至ることに特化した記事型LPを運営しています。


Q: 売れるLPを製作するにはその商品の良さを理解していないと作れないと思うのですが、御社ではどのように製作・運用されているのでしょうか?

山田:弊社では製作から運用までほぼ内製で対応しております。社内のライターが広告主様から提供いただいた商品のサンプルを、実際に自分たちで利用し参考素材を作成し、その素材をLPに掲載しています。

大橋:先日は夜遅くに会議室を開けたら女性のライターが顔を全面白塗りにしていて、びっくりしたことがありました(笑)。どうやら美肌クリームの写真素材を撮影していたようです。

その商品だけでなく、弊社が作成するLPは弊社のライターがきちんと実証実験して効果を確認した商品をご紹介しています。


Q: 自分で試しているからこそ、購買につながる良いLPが作れるんですね!御社は QUORIZa(クオリザ)』と『LOGRIZa(ログリザ)』というサービスも展開されていらっしゃいますが、こちらはどのようなサービスでしょうか。

山田:両方ともアフィリエイト向けの管理ツールです。『QUORIZa』は「アフィリエイトのワンタグツール」として提供しています。

これは複数のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と契約した場合に煩雑になる計測タグの管理が、1つのタグの管理で済むようになるサービスです。

管理画面を一つにまとめ、重複した計測をカットした状態で出せる便利なツールになっています。ただ実はワンタグツール自体は世の中に複数あって、機能的な違いはあまりないんです。

そこで弊社では運用担当チームがそのツールを使いながらネガティブな記事やルール違反が起きていないかを監視したり、運用改善のためにASP、メディアと交渉する人的なサービスも併せて提供しています。

また昨今ではくユーチューバーなどのインフルエンサーの方々との連携も重要になってきているため、彼らのマネジメント事務所や個々のインフルエンサーの方を探してクライアント様と繋ぐ、その運用とワンタグもセットにして提供しています。

『LOGRIZa』はアフィリエイトメディア含め、対象となるサイトにおいてテキスト、画像、リンク先などの変化を追跡するツールです。複数のメディアに出稿している場合、どこにどんな広告が出ているかを常に把握しておく必要があります。

インターネット広告の柔軟性がよくない方向に働くケースなのですが、確認した段階では問題ない記事だったのに、実際に広告配信が始まった後でよくない表現に変更されていたりします。

例えば「美白効果のある美容クリームです」と謳った商品の記事がいつの間にか「絶対お肌が白くなります!」という文言に変わっていたらアウトですよね。

弊社の『LOGRIZa』は登録したWEBサイトに変化があった時にアラートが飛んでくるツールです。変化した箇所に問題があった場合は即時配信の停止や修正を依頼できるツールとして『LOGRIZa』を提供しています。


Q: いずれもアフィリエイトの運用に重要なツールなんですね。 御社のHPを拝見してユニークだなと感じたのが「可能性を最大化する」というミッションバリューです。御社が考える可能性とはなんでしょうか?また御社の強みは何でしょうか?

山田:このミッションバリューは2018年の1〜2月頃に作りました。

2018年4月入社から我々は新卒採用をスタートし、社員10名程度のところに新卒が4名入ることになりました。組織が拡大フェーズに入るタイミングできちんとミッションバリューを制定し、先を見据えた組織運営にシフトしていかなければならない、と代表が考えたのが「可能性を最大化する」というミッションでした。

弊社は一つの成功事例を元にお客様が次のお客様をご紹介してくださって……という風に拡大してきた経緯があります。このミッションを実現するために、その時々のタイミングで所属していたメンバーが頑張って誠実に取り組んで成果を出したからこそ、ご紹介を中心にここまで来られたと思っています。

ですので弊社の一つ強みを挙げるとしたら弊社で真面目に仕事に取り組んでくれている「人」なのかもしれません。

ただそれだけですとやはり人に依るところが大きくなってしまうので、『QUORIZa』や『LOGRIZa』といった自社ツール開発など独自の事業を構築し、今後さらなる強みを作り出していきたいと考えています。


Q:これからの事業計画や将来の展望についてお聞かせください。

山田:常にチャレンジできる可能性・選択肢を沢山持ち続けられる、そういう集団でありたいと思っています。

これまでインターネット広告事業をやってきていますが決してそれだけに固執している訳ではなく、将来的には全然違う事業をやってもいいと考えています。

もちろんインターネット広告事業でここまで成長させていただいたのでそれをやめるということはないですが、この事業を母体にしながら社員の発案で「こんな事業をやりたい」となったときに、柔軟に事業部化や子会社化してチャレンジできる体制があると良いなと思っています。

そのためには一定規模の人、お金、時間が必要になるので、インターネット広告事業でしっかり成果を上げながら、次の軸になるような事業の柱を複数本建てていけるのが理想ですね。

売上の目標としては代表が40歳までに売上100億円の会社を作りたいと言っていて、それは2年前倒しでなんとか実現できたので、次に代表が目指している45歳までに売上1000億円、今はそこが目標ですね。
代表が45歳になるまでに売上1000億円の企業グループを作りたいと考えています。


Q: スタッフの皆様がやりたいことを実現できる体制が作るというのは素晴らしいですね! 次は弊社サービスについてお伺いできればと思います。 『敷金半額くん』を知ったきっかけについてお聞かせください。

山田:今のオフィスを仲介してくれた仲介会社の担当者が見つけて紹介してくれました。


Q:弊社サービスを知ったときの印象はいかがでしたか。

山田:最初の契約に際して敷金が数千万円前半ぐらいだったので、それが半額で済むというのはめちゃくちゃありがたいサービスだなと思いました。

入居した当時は今の事業規模に成長するために先行投資していくタイミングだったのでお金が本当になかったんですよね。

数千万円をただどこかに預けておくだけというのは財務戦略上きついと思っていましたし、それが半分で済むのなら是非活用しようとなりました。


Q:敷金で多額のお金を預けるよりは事業の方に投資したいというご状況だったんですね。

山田:そうですね、事業に使いたいというのもありましたし、あとはコーポレート部門を管掌している自分としては手元に現金がないということに対する単純な不安もありました。

財務を見る立場で、想定より千万円単位で多く手元に現金が残るのは安心だなと思ったのです。


Q: 手元資金の確保にもつながったんですね! ちなみに弊社サービスで浮いた資金はどのように事業に活用されたんでしょうか?

山田:当時採用活動を非常に強化していましたし、2017年から着手していた『LOGRIZa』の開発にも力を入れ始めていたので、採用費やサービスの開発費用に活用することができました。


Q:最後に『敷金半額くん』をご検討中の企業様にコメントがありましたらお願いいたします。

大橋:率直に、おすすめです!

山田:お金が手元に残せる安心感、ぜひご享受ください!という感じですね。

敷金を預けるのがまだまだ当たり前という社会で、御社のように実際にご利用いただいた成長企業様から「ぜひ使うべき」と仰っていただけるのはとても励みになります!本日はありがとうございました!