株式会社Atip
経営企画室 室長 松本 友輝 様

ベンチャーにとって急成長期までは一円、二円が大切になるので、
無駄なお金を払って欲しくないですね。


「全ての、あと1歩を応援する」をモットーに
若年層・未経験者層の幸せな転職をサポートする、株式会社Atip(エティップ)

求職者一人一人に寄り添った転職活動のバックアップ、企業には適正価格での紹介サービス提供するなど
人・企業の「あと一歩」を追求した人材紹介サービスを展開している。
オフィス移転の際、『敷金半額くん』と日商保の仲介サービスをご利用いただいた感想について伺った。



Q:御社の事業内容についてお聞かせください。

弊社は若年層、未経験者層に特化した人材紹介会社で、
人と企業をつなげる紹介サービスを中心に事業展開しています。

メインである人材紹介サービス『AT-work agent』事業では
求職者様に何度もヒアリングを行い、丁寧なサポートで
ミスマッチの起こらない転職を支援しています。

企業様には業界最安値の紹介手数料で、
これまでの大手人材紹介会社では実現されていない
適正な価格でサービスを提供しています。

また最近では、新規事業として人材紹介会社様向けに
求職者の集客に繋がるLP(ランディングページ)の提供や
バナー・WEBサイト制作を行う『AT-web』事業、
採用ノウハウに関するコンサルや採用代行業務などを行う『ATconsulting』事業なども
新たに開始し、領域を広げて事業展開しています。


Q: 最近ではweb事業の方にも力を入れられているとのことで、LPを無料でご提供されているとありました。こちらはどういったサービスなのでしょうか?

この『AT-web』事業はこれから本格的に展開していく事業なんですが、
LPの製作・運用には初期費用と固定費がかかります。
「せっかく作っても成果が出なかったら」という不安から
初期投資できない企業様は沢山いらっしゃいます。

弊社には、人材紹介を基軸としたノウハウや訴求ポイント、
またLP製作に精通したデザイナーが在籍していますので
求職者集客に繋がるLPを制作することができます。

このLPを無料で制作し、お問い合わせに応じて報酬をいただくというサービスをやっております。
もちろん反響がなかった場合、費用はいただきません。

またこのLPは一定の問い合わせ数に達したらLPごと買い取っていただくことが可能ですので、
半永久的に弊社に報酬を支払い続けなければならないということもありません。


Q: これから人材採用を強化していこうという企業様にとってはありがたいサービスですね。

そうですね、特に人材紹介業はキャッシュフローにズレがあるため、
事業をスタートしてから利益が出るまでに時間がかかります。
効果の保証もないLPに投資しづらいのは当然の心理です。

弊社では、クライアント企業様に反響・応募があり、
採用が決まり収益が出てからLP制作の料金をお支払いいただくなど、
支払いのタイミングも相談しながら決められるようにしています。

弊社が苦労した部分で他の企業様に苦労して欲しくないという思いから提供しているサービスです。


Q:自社の体験が活きた新規事業なんですね。
人材事業を始められたきっかけは何でしょうか?

弊社の代表・月澤と私はもともと前職が同じ人材会社に在籍していました。
二人とも人材業界は未経験で入社したのですが、業界に入ってみて
「日本の採用コストはなんて高いんだ」と衝撃を受けました。

人材紹介の場合、一般的に年収の30〜35%が成功報酬フィーになっているので
一人採用した場合、数百万円という額になります。

その事実とビジネスの収益構造を知った月澤が
「それってもっと下げていけるんじゃないか」と考えたんですね。
この価格を下げてビジネス展開していけば業界を変えるチャンスがあると思い、
2019年に創業したのが株式会社Atipになります。


Q:既存の金額と仕組みだったものを御社なりに安く提供されているところが斬新です。
御社の強みや差別化しているポイントについてお聞かせください。

差別化しているポイントは、やはり「若年層」「未経験者層」に特化している点です。

弊社に来られる若年層の方々は20代前半から半ばが最も多く、
正社員未経験の方や希望する職種は未経験だったりと、
経歴にコンプレックスを抱いているような方もいらっしゃいます。

弊社はそういう方々でも就業できる求人を沢山預かっていますし、
求職者様に何度もヒアリングして強みやポテンシャルを引き出し、
求職者様の目指すキャリアが実現できるようサポートしています。

一方、企業様に対しては紹介手数料の安さというところが強みになっています。
弊社は紹介手数料を年収のパーセンテージではなく、一律に30万〜50万円で設定しております。
この価格は最安値クラスと自負しています。

他の新興の紹介企業の中にも「紹介手数料30万〜40万円でやりますよ」というところは増えていますが、
詳細を聞くと別途で初期費用がかかったり、返金規定がなかったり、
実際にはより費用がかかってしまう仕組みだったりするんです。

弊社の場合は、
成功報酬のみをいただき、早期離職となってしまった場合の返金規定もきちんと設け、
紹介に関しても、ただ求人に対して求職者をポンとご紹介するのではなく、
必ず求職者の方と弊社のコーディネーターが面談を重ね、
希望条件をすり合わせてから選考を受けていただくなど
質の高いご紹介ができるよう心がけております。

当然、早期の離職が起きないように
求職者様に無理矢理に転職をおすすめすることもありません。

弊社が紹介手数料を安価にできている要因として、
固定費や広告費があまりかからないという点があります。

弊社は低い紹介フィーから企業様の求人を容易に獲得できるため、
求人獲得のための費用がかからないんです。
コストを抑え、紹介フィーが下がると実績も増え、
ますます企業様からお問い合わせいただける、という好循環が生まれています。

大手の紹介企業はこの求人獲得費用に関して従来のコスト感覚でやっているため、
紹介手数料も高くなってしまいます。
また、それをベースにビジネスを構築してきたため固定費もかかってしまうのでしょう。

ITやWebを活用して事業を展開すれば、従来より事業の運営コストは下がります。
弊社がコストを下げ、紹介フィーも下げていくことで、
将来的に業界全体が今よりリーズナブルな適正価格で
紹介サービスを提供できるようになると社会全体にとっていいのではと考えています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0442③-1024x663.jpg

Q:御社によって人材紹介業界が変わりそうですね!
今後の事業展開についてもお聞かせいただけますか?

新たな取り組みとして冒頭のWeb事業のほかに不動産事業の展開を考えています。

弊社に来てくださる求職者様の中には、もともと収入が安定していなかったところから
正社員として転職された方が沢山いらっしゃいます。

そういったこれまで住宅の購入を視野にいれてこれなかった方も、
転職を機に住宅の購入を検討できるようになったり、
購入までいかなくても、より良い環境への転居が可能になります。

そこで弊社サービスの一環として、
付加価値のある住宅購入支援や転居の支援も行っていきたいと思っています。

他の不動産会社と違い、弊社は転職支援を通して信頼関係を築いているので
「Atipさんで転職成功して、次はAtipさんで物件を買ったり引っ越しをしたり」といったように、
転職を通じてできたご縁を大切に、その人のあと一歩先まで。
転職の先のあと一歩を応援したいと思っています。


Q:ありがとうございます!
ここからは弊社のサービスについてお伺いします。『敷金半額くん』を知ったきっかけは何でしたか?

代表の月澤が日商保のネット広告を見つけて問い合わせしたのがきっかけです。

移転する前、弊社は創業時から新橋のSOHOマンションの一室で業務を行っていました。
1LDKの部屋に13人すし詰め状態になって仕事をしていましたね。

事業を拡大するにあたって業務の質を上げるため、また今後も毎月2、3人ずつ人員が増えてくるので
しっかりしたオフィスに移転しようということになりました。

ただ我々はオフィス移転が初めてで、いざ調べてみると初期費用の高さが想像以上でした。
賃料だけなら一見「払えそうだな」という物件でも、
敷金などの初期費用を見積もるとちょっと厳しいと断念せざるを得ないことが何度かありました。

仮に2年オフィスにいるとして、初期費用を24ヶ月で割ってみると実質の費用負担が高いんですよね。
そこでこの初期費用がなんとか抑えられないか探していてヒットしたのが御社のサービスでした。


Q:弊社のサービスを知ったときの率直な印象はいかがでしたか。

賃貸マンションでは「仲介手数料なし」「敷金なし」というのをよく目にしますが、
賃貸オフィスでこういうサービスを提供されている企業様があるなんて知らなかったので驚きました。

それにオフィスとなると敷金の金額も一桁二桁変わってきます。
そこを削減できるということで、ビジネス的な観点でどういう仕組みなのか興味を持ちました


Q:『敷金半額くん』を導入いただいたポイントはやはり初期費用というところでしょうか。

そうですね、人材事業はさきほどお伝えしたとおりキャッシュフローが不規則で
入金のタイミングがバラバラだったり、月によって売上の差が激しいため、
なるべく初期費用を抑えたいという理由で導入しました。


Q:今回『敷金半額くん』のご提供と併せてオフィスも仲介させていただきましたが、
そちらの対応はいかがでしたか?

先ほどのお話した通り、オフィス移転自体が初めてで本当に右も左もわからない状態で、
仲介会社にもいくつか問い合わせしていたのですが、
日商保の担当者の方がすごく丁寧に対応してくれたというところは
御社にお願いした1つのポイントでした。

内装はどれくらいかかるのか、OA周りはどう整備すればいいのか、消防設備の対応は、など
基本的なところから丁寧に教えていただいて。

また物件もメールで気になる物件を何十件、何百件送っていたのですが丁寧に確認していただき、
そのレスポンスにもスピード感があり、全体的な対応がすごく良かったです。

今回入居した物件も最後の最後、もう別のところに決めてしまおうかというタイミングで
「ちょっと条件から外れるけどおすすめだからぜひ見てほしい」とご連絡いただいて。
この担当の方がそこまで言われるなら見てみようか、ということで内見したら
代表がすごく気に入って決断できたので、御社にお願いして良かったと思っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0454②-1024x683.jpg

Q:ありがとうございます!『敷金半額くん』で浮いた資金はどのように活用されますか?

浮いた資金はまず内装に使ったのですが、
中古家具を購入したり中国の工場と直接取引でブラインドを仕入れたりするなど
色々と上手に揃えたのでまだ資金が手元に残っています。

そのお金は活用するというよりは還元していこうということで、
弊社の方でこれまでに余分にかかってしまったコストなどをそれで相殺することで、
紹介手数料の価格帯を維持していく原資の1つにしています。

あとは今年の10月までにトータル30名採用する計画を立てていますので、
人材採用に活用する予定です。


Q:最後に『敷金半額くん』をご検討中の企業様に何かコメントがあればお願いいたします。

オフィス移転を考えているベンチャー企業は多いですし、
それも成長に伴って増員すれば複数回あることですから、
弊社のような起業して間もない創業期のベンチャーにはぜひおすすめしたいです。

保証会社って大手しか利用できないのかなとか、
ベンチャーは適当にあしらわれるのかなというのがイメージとしてあったんですけれども、
日商保は、当時まだ創業して2期目であった弊社が問い合わせても親身に対応してくれ、
弊社の予算に合う物件を探してくれました。

ベンチャー企業にとって創業期から急成長期は一円、二円が大切になるステージですので、
そういったところで無駄なお金を払って欲しくないですね。

『敷金半額くん』はそういう無駄なコストを省けるサービスですし、
その金額のインパクトってベンチャーにとってはすごく大きいと思うので、
ぜひ怖がらずに利用していただきたいと思います。

「より本業に使っていただきたい」との想いからスタートしたサービスなので、
そのように捉えていただけていて嬉しい限りです!
本日はありがとうございました!

弊社へのお問い合わせ

必須名前(漢字)

必須メールアドレス

必須会社名

任意電話

必須お問い合わせ内容

※Ctrl(Command)キーを押しながらの選択で複数選択が可能です。

任意お問い合せ詳細