GUILD STUDIO株式会社Executive Officer/Chief Human Resource 小泉 啓明様Accounting Manager 増井 咲希様

お客様の声

GUILD STUDIO株式会社

Executive Officer/Chief Human Resource 小泉 啓明様
Accounting Manager 増井 咲希様

ゲーム開発で培ったテクノロジー技術を生かし、映像制作・ゲームコンテンツの受託開発などを手掛けるGUILD STUDIO株式会社。
事業拡大に伴うオフィス移転の際に『敷金半額くん』を活用した理由をお聞きした。

Q:御社の事業内容についてお聞かせいただけますでしょうか?

小泉:ゲーム開発を中心に映像制作などゲームコンテンツの受託開発、いわゆるデベロッパーです。主にコンシューマーゲームやアプリゲームの開発を手掛けております。

また、ゲーム制作で培ったリアルタイムグラフィックスという技術やエンジニアの技術を使用した映像コンテンツの制作等も行っております。


Q:様々なコンテンツを制作されているんですね!御社の強みはどういうところになるのでしょうか。

小泉:デベロッパーとして、作るものを限定せずこだわりたいものを作る、という点でしょうか。弊社はミッションとして『アートとテクノロジーで世界No.1のエンターテインメントを』というミッションを掲げています。

その強みを活かせるゲーム開発が中心ではあるのですが、先ほどお話しした映像等の作品も制作しています。

僕らはデべロッパーとして「クオリティの高い作品を作る」という点に重きを置いてグローバルにチャレンジしていきたい、と考えています。

東京オリンピックの開会式でゲームコンテンツが使用されたように、ゲームって日本の文化じゃないですか。でも、現状としてはグローバルな市場で日本のゲーム会社は残念ながらあまり存在感を示せていないと思っています。欧米だったり中国だったりというところが中心になっています。

僕らがグローバルな市場でチャレンジして世界でも存在感があるデベロッパーになることで、日本のゲーム業界の発展に繋げていきたいというのが代表の松山の創業の思いですね。

Q:世界を視野に事業展開してらっしゃるんですね。ゲーム会社というとフランクな社風というイメージがありますが、御社はどういったカルチャーでしょうか。

小泉:フランクだと思います。仕事も各々の裁量に任せている部分が大きいです。

僕は管理全般見ていますが、人事が専門領域で経営理念などを経営陣と一緒に作ってきました。人事制度を作るにあたって「性善説に則って最低限のルール」という点はこだわったポイントです。

当然、法的に必要なルールは定めるけれども、基本的には各々の意思や判断を尊重したいと思っています。社員を子供扱いせず、弊社の社員は、「良識とモラルのあるプロフェッショナル」という前提で制度やルールを作るようにしています。

弊社には、会社として大切にしているバリュー(行動指針)が3つあるのですが、その中に「プロフェッショナルであれ」と「人気者であれ」という2つのバリューがあります。言い換えると「専門性」と「人間性」ですね。
採用でも重視していますし、入社後の評価基準にもしています。

エンジニアやアーティストのような専門職の人達の中には専門性しか磨かない人もいたりするのですが、弊社だとそこに人間性が伴っていないと評価されません。弊社のいう「人気者」というのは、端的には「周りのメンバーから頼られる人」のことです。そういう頼られる人ばかりが集まれば、すごく働き心地の良い環境じゃないですか。「プロフェッショナルで人気者」でいようとする人を採用するし、その両方で評価をすることにこだわっています。

ですので正直、採用のハードルは高いのですが、その分すごく働きやすい環境になっていると思いますし、いま90名程度の規模になっていますが離職率も低いですね。


Q:『敷金半額くん』サービスを知ったきっかけについて教えてください。

小泉:移転を検討していた時に仲介業者さんから『敷金半額くん』をご紹介いただきました。

移転については敷金が最もネックとなる部分でして、財務的にも結構インパクトがあるので、なるべくそこは下げたいと準備の段階から話していました。非常にありがたいサービスだなと思いますね。

増井:極端な話になりますが、毎月の家賃は多少高くてもいいから敷金は抑えていきたいという思いがあったので、物件を選ぶ基準としてそこに重点を置いて探していただいていました。

敷金って経費にならないお金じゃないですか。眠ってしまうお金というか。
財務的な観点で、今そこには資金をあまり割きたくないというのがかなりありましたね。


Q:今回のご移転は人員が増えて手狭になったことがきっかけでしょうか。

小泉:そうですね。実はコロナウイルスが流行る前に試験的にテレワークをしてみたんです。テレワークでできなくはない仕事ですが、実際にテレワークをやってみてその環境でクオリティが高いものを作るのはなかなか難しいというのが分かりました。

去年、コロナウイルスが流行し出して最初の緊急事態宣言が出たときに、多くの会社がテレワークにしたと思いますが、弊社もテレワークするのか相当議論しました。

僕らとしてはデベロッパーとしてグローバルな市場にチャレンジしていくという高い目標を掲げていく以上、できる限り出社して顔を合わせて仕事をすることでよりクオリティの高いものを製作すること、それが会社のミッションの実現につながるという結論に至りました。
そこを社員みんなにしっかり説明したらちゃんと分かってくれたので、基本は出社にしています。

もちろん、緊急事態宣言が出たときにはテレワーク推奨に切り替える、奥さんが妊娠しているなどの事情がある場合や体調面で心配があるときなどは遠慮なくテレワークできるようにしたり、個別のケースは全部対応していますが、基本的な考え方としては出社推奨という前提です。

現在、正社員でいうと90人弱ですが、毎月1~2名ずつくらいのペースで中途採用しており、新卒採用では7~8名が入ってきています。一方で辞める人がほぼいないので、オフィスがどんどん狭くなってくるんですよ。

弊社が2021年7月11日で5周年なんですが、今回の移転は5回目になります。
前回のオフィスは2年いたので、今回のオフィスには3年はいたいと思いますね。そのくらいのキャパを想定して今回のオフィスを決めました。


Q:良いものを作るために、きちんとしたオフィス環境が必須ということですね。
『敷金半額くん』のサービス利用料についてはどのような印象でしょうか。

増井:この規模のオフィスを借りるとなると敷金が億単位の金額になってきてしまうところ、それが半額に減らせるのでキャッシュフロー面でかなりありがたいサービスです。

預けずに済んだ敷金分は内装費用に使うことができました。例えば同じ一億円のキャッシュアウトでも、一億円全額を敷金で払ってしまうのと、半分は敷金に、もう半分で内装や備品を購入するのとではインパクトが全然違います。

かなり極端な表現ですが、一億円分の税金を払うよりも5,000万円分の税金と、あとは経費として使いましょう、というほうが財務的には健全な使い方ができます。そういう意味でも、最終的には戻ってくる可能性のあるお金とはいえ、敷金半額くんで浮いたお金は大変ありがたかったですね。

小泉:何より一番は、敷金を抑えることによっていいオフィス、広くて家賃が高いオフィスに入居できたのが大きかったなと思います。

実は、代表の松山と二人で初めてこのビルの内覧にきた時、このビルを見た帰り際に二人で「このビルはないな」と話していたんですよ。「こんなにいいビルは無理。うちの会社のフェーズと照らしても、こんな好立地で、東京タワーが見えて、こんなに綺麗なビルに入居するまだ早い」と思っていました。

実際、15~20物件くらい内見したんですけど、このビルが一番いいビルだったんですよ。当時は敷金も満額の前提で経理と話していたので、この物件は無理なんじゃないかと一回検討から外したくらいだったんです。

ですが、仲介業者さんから『敷金半額くん』のご紹介をいただいて、「これを使えば敷金が半分になりますよ」と。それなら総合的に見ていけるんじゃないかということで、再度検討のテーブルに乗ってきました。

そうしているうちに当初250坪くらいで検討していたのがそれじゃ足りないという話になってきたので、場所も立地もすごく良くて300坪以上確保できるこの物件に敷金半額で入居できるなら、ということで契約することができました。

だからここに入居できたのは、ちょっと大げさかもしれませんが『敷金半額くん』のおかげです。ここに入居できたことが一番大きな活用法ですね。


Q:今回のご移転でお役に立てたこと、大変嬉しく思います!
最後に、『敷金半額くん』の利用を検討されている企業様へコメントをいただけますでしょうか。

増井:単純に敷金を半額するのは難しいシビアなビルオーナーさんも多いと思います。そういうところでも、敷金が半額にできてグレードの良いビルに入居できるのは本当にありがたいことだなって思います。

小泉:敷金は賃料に比例して金額がどんどん大きくなりますよね。1つ前、2つ前のオフィスだったら敷金が6ヵ月分だろうが12ヵ月分だろうが、そんなに大きな差はなかったんですけど、拡大移転するにつれてどんどんレバレッジがかかってくるので、そうなると『敷金半額くん』のインパクト、ありがたみが大きくなるなと思います。

敷金として寝かしておくくらいなら、その分を投資、採用だったり内装だったりと会社の成長に使えるというのは、普通に考えたら活用した方が良いんじゃないでしょうか。

デメリットのない話なので「むしろなぜ活用しないんだろう」と思います。

もしかすると手数料というのがデメリットに感じるのかもしれないですが、それ以上に価値がある投資に使う、利益を生む使い道という選択肢が出てくるので、絶対使ったほうがいいと思います!

ありがたいお言葉をいただき、嬉しい限りです!
本日はありがとうございました!