オフィスの移転費用いくらかかる?仲介手数料編

コンテンツ

オフィスの移転費用、いくらくらいかかるかご存じですか?仲介手数料編

引越し費用だけでなく、オフィス家具の購入費用、新しいオフィスの内装費用、敷金、旧オフィスの現状回復費用、仲介手数料・・・などなど、リストアップしてみると、オフィス移転には色々とお金がかかるんです!
例えば、50坪のオフィスから100坪のオフィスへ移転する場合、原状回復費に350万円、内装費用に1,000万円、オフィス家具の購入費用に300万円、引越し費用に175万円、敷金に2,400万円、仲介手数料に200万円、合計約4,400万円もの費用がかかります。

ですが、これらのお金は『必ず払わなければならない費用』ではありません。
出費を抑えて上手にオフィス移転するために、それぞれ『何のための費用なのか』を理解することが大切です。

仲介手数料って何?

先ほどの例では『仲介手数料』が200万円もかかっていますが、これは何のための費用かご存じですか?
オフィス探しの際、一般的には仲介業者を利用します。オフィスの空室情報は日々刻々と変わるため、不動産のプロであり最新の空室情報を把握している仲介業者にオフィス探しをお願いすることが、最も効率的と言えるでしょう。仲介業者に紹介してもらったオフィスに入居を決める場合に、仲介業者に対して支払う費用が『仲介手数料』です。

つまり、仲介手数料は仲介業者を利用する場合に必要となる費用です。仲介業者を利用しなければ仲介手数料はかかりません。

仲介手数料の規程

仲介手数料は、宅地建物取引業法で上限額が決められています。オフィスの仲介の場合『月額賃料の一ヶ月分(税別)』が上限です。月額賃料100万円(税別)のオフィスであれば、108万円までとなります。
これを超えて請求された場合、宅建業法違反となりますので、『仲介手数料1.5カ月』などの表記があった場合、取引しないようにしましょう。

逆に、これはあくまで上限ですので、仲介業者によって仲介手数料を安くしてくれるケースもあります。『仲介手数料0.5カ月で良いですよ』や『仲介手数料無料!』といったケースもあります。
『仲介手数料無料にしたら、仲介業者の儲けがないんじゃないの?』と思われるかもしれませんが、この場合、仲介業者はオーナー様から仲介手数料をもらっています。しかし、すべてのオーナー様が仲介手数料を払ってくれる訳ではないため、『仲介手数料無料』の仲介業者は、そのようなオーナーの物件は紹介しないことがあります。

仲介手数料無料の仲介業者を利用する場合は、この点お気をつけくださいね。
このように、仲介業者を上手く選んで、オフィス移転の際の仲介手数料を抑えましょう。