グランバーガーダイヤモンズジャパン株式会社 サイモン・グランバーガー氏

お客様の声

グランバーガーダイヤモンズジャパン 株式会社

代表取締役社長 サイモン・グランバーガー氏/営業マネージャー 田沼 秀世氏

ベルギー国王からレオパルド2世シュバリエ勲章を受章するなど、ダイヤモンドの加工技術・品質において世界的に認められている、グランバーガーダイヤモンズ社。グランバーガー家3代目として、2013年より日本支社長として活躍するサイモン・グランバーガー氏に、今後の事業展開を聞いた。

創業73年目  ベルギー王室からも認められているダイヤモンドの品質

Q:貴社の事業内容についてお聞かせください。

A:私共は1945年創業のベルギーのダイヤモンド会社です。創業から73年目、日本支社は2013年から、今年で6年目になります。事業内容はダイヤモンドの製造を本社でしており、製造したダイヤモンドの日本市場へのご紹介や販売、小さいサイズのダイヤモンドの研磨がメインとなります。

Q:競合他社との違いや差別化しているポイントがあれば教えてください。

A:私共の商品は僭越ながら恐らく世界で一番綺麗なダイヤモンドだと自負しております。小さいサイズで一番綺麗なダイヤモンドを研磨している会社というところを評価いただいておりますね。
ダイヤモンドの卸売りをしている会社やダイヤモンドの研磨をしている会社が競合他社になりますが、日本で卸売りしている会社は、わりと問屋さんというか買い付けしたものを売る、ようは製造してないんですね。私どもは製造からしておりますから、より川上から取り組みができる会社というのが違いです。また、先ほども言いました品質という点で、他社と差別化を図っております。

日本の大手ジュエリー会社が、ダイヤモンドを売る際にも、グランバーガーダイヤモンズがカットしたダイヤモンドですよという証明書が付きます。
この素晴らしいカットはグランバーガーダイヤモンズがしている=グランバーガーダイヤモンズは凄いというブランディングができており、結果として他社との違いが出てきています。

今後も日本の高い技術の職人とコラボレーションしていきたい

Q:今後の将来展望とか事業計画についてはどうお考えでしょうか?

A:会社としてはもちろんこのクオリティを保って最高品質な物をお客様に届け続けたいというのが第一です。今はダイヤモンドを製造、研磨・カットして売っていますが、ダイヤモンドを使ったジュエリーを作ったりなど、事業の多様化にもチャレンジしていきたいと思っています。また、色んな会社とのコラボレーションも継続していきたいと考えています。

京都の老舗の扇子の会社や、石川県で数百年続く漆の会社とのコラボレーションで、扇子や漆箱の中にダイヤモンドを埋め込んだ商品を作っています。また、こちらでデザインしたティアラの販売や、高級眼鏡屋さんとのコラボで3,000万円する眼鏡も制作しております。
コラボレーションの目的としては、ダイヤモンドをカットして販売する会社っていうだけのイメージから脱却や、会社のダイナミズムを保っていきたいと考えておりまして、日本のクラフトマンシップでかつ、クオリティの高いアーティストさんとコラボさせていただいていますね。

ブランディングにあった物件が見つかった

Q:次に今入居されていますオフィスをお選びになった理由はなんでしょうか?

A:今回、居抜き物件なのですが、大きさも内装も凄く良かったというのもあります。また、グランバーガーダイヤモンズの考えるブランディングを考えたときに、虎ノ門は六本木にも近く、考えているブランドイメージに近い土地だというのがあります。先程の私共の会社案内と少し関わってはくるんですが、ジュエリー業界ってわりと上野、御徒町に沢山オフィスがありますので、御徒町まで日比谷線で1本行けるのも魅力でした。

Q:弊社のサービスは仲介からお聞きされたと聞いておりますが、弊社のサービス「移得」を聞いてどう思われましたでしょうか?

A:率直に申し上げると敷金も1カ月で原状回復費も無料って、そんな抜け道のようなサービスがあるのかと、非常に魅力的に感じました。ただ、家賃が上がるということがあるので、そこに難色を示したところは正直あるんですが、しっかり見ていくと長期的な目で考えると必ずペイ出来るだろうというところが直ぐに分かりました。しっかりと理解させて頂くと非常に弊社にとって利があるサービスをご提供頂いたと理解してます。
イニシャルはそれなりに覚悟してたので、プールをしてはありましたが、そのお金を別に回すことができたので非常に助かりました。ジュエリーへの投資だったりとか、運転資金として使っています。

移得はメリットだらけ。出ていくお金を抑えることができる

Q:今回、居抜きでのご入居でしたが、どのように感じられましたか?

A:綺麗でしたし、デザイナーズで凄くいいと思いましたね。一から作るのを考えれば、これだけの内装をしているところに最初に入れるということはとても良かったです。天井だけ黒なので暗く感じるのではと思ったのですが、いつでも白く塗ればいいと。

Q:移転を検討している方にアドバイスがあればお願いいたします。

A:(敷金減額サービス「移得」は)メリットだらけだったなという風に感じております。移転は必ず何かしら要因があると思うんです。規模拡大だったりとか、またその逆だったりとか。どちらにしても、それなりのお金が動くことなので、それをなるべく抑えられるってことは何処の会社もそこは有り難い話なんです。イニシャルコストの削減もそうですし、出ていくときに(原状回復費が)足枷にならないというのは非常にメリットです。
夢は自社ビルですので、将来的にはどこかのタイミングで出ていくので。そういった将来を考えながら移転を検討されると良いと思います。また、イニシャルコストで考えていた費用を別の形で利用できたのも大きかったですね。