株式会社クライル 佐藤智明氏 番場俊彦氏

お客様の声

株式会社クライル

代表取締役 佐藤智明氏/取締役 管理部長 番場俊彦氏

クライルは、サーバーのインフラの環境構築やモバイルアプリ開発、金融系システムの設計に強い会社だ。ITシステムを裏側を支える同社の佐藤社長と番場取締役に話をお伺いした。

Q:貴社の事業内容についてお聞かせください。

A:いわゆるIT企業になります。業務は大きく2つありまして、金融系や生保系、建設などの企業さんの業務システムを作っているチームと、それの土台となるインフラのシステムを作っているチームがあります。それが事業内容になります。
保守というよりインフラの構築、コンサルみたいなものですね。企業さんが他のメーカーさんに頼んだものの、保険をかけてご依頼されるケースがありますね。「メーカーさんが心配だからチェックしてくれ」という感じでお話しをいただいたりします。

Q: 御社のモットーに【CRAFTMAN《職人》×SMILE《笑顔》】とありますが、具体的にご説明いただけますでしょうか

A:この会社を作ったきっかけが『我々、職人でいたいね』という思いがありまして「CRAFTMAN」という言葉を入れました。また、私がこの会社を立ち上げたときに、社会に貢献する職人として社会の笑顔をみたいねということで「SMILE」を。そういった意味を込めて作りました。

Q:御社は情報システムやサーバーインフラ設計開発を行っているかと思いますが、他SE会社様と差別化している部分とは?

A:インフラ構築については我々は信頼されてるんじゃないかと思うんです。
インフラは特にですが、お客様のところで行って仕事させてもらうことが普通ですが、この事務所内で設計などをやらせてもらったりすることもあります。そういう部分は結構信頼されてるかなと。インフラの技術をもった者が多くいるので、そこがずいぶん他と違うかなと思いますね。

Q:事業の将来展望について、お聞かせいただけますでしょうか?

A:一番の目標は早く50名にしたいです。今20名なんです。人材が集まりにくい状況でもありますが、出来るだけ早く50名にしたいですね。また、売り上げも10億を目標としています。 そして、もちろん色々な事をやりたいです。ですが、まだ5年目の会社なので、今は基盤を固める時期と思っています。

Q:今入居されておりますビルを選んだ理由、内装にこだわりもあれば教えていただけますでしょうか?

A: 会議室を大きくしたかったというのはあります。今の規模の20名だと会議室に全員集まれるんですよ。ビルを選んだ理由は見栄えが良いのと、昔神田にいたものですから馴染みが深かったんです。

Q:敷金半額くんを知ったきっかけと導入ポイントは何だったのでしょうか?

A:オーナーに指定されたからです。(敷金半額くんは)初めて聞く名前だったので調べました。だけど保証委託料さえおさめれば、手元の資金が必要ないじゃないですか。敷金が半額なるのでそこが魅力かなと思いましたね。

Q:利用されて浮いた移転資金はどう活用されましたでしょうか?

A:引越しは結構お金がかかるので、そこに充てました。実際に引っ越しするとやっぱりかかるなあと思いましたね。

Q:最後に移転を検討中の企業様にアドバイスをお願いいたします。

A:最初は(敷金半額くんを知って)どうして半額になるのか、どんな裏があるのかと思いました。敷金が半額になるのは大きいですね、現金が必要ですから。浮いた金額を社員に還元したり福利厚生に使うのも良いと思います。