ギグセールス株式会社
取締役 福山 敦士 様

お客様の声

ギグセールス株式会社

取締役 福山 敦士 様

BDRを強みにBtoB特化のマーケティングソリューションを提供するギグセールス株式会社。
「プロ営業」向けに独自のマネジメントシステムを提供し、IPOに向けて急拡大中のスタートアップ。
企業のフェーズやプロジェクトごとにマッチするサービスを展開している。
オフィス移転にあたり『敷金半額くん』及び、日商保の仲介サービスを活用いただいた経緯について伺った。

Q:御社の事業内容についてお聞かせください

BtoBのアウトバウンド営業支援サービスを行っております。

「新規サービス×新規顧客開拓」という企業が一番苦労する営業領域にフォーカスし、我々がソリューション提供することで新規サービスの立ち上げや事業のスケールをご支援させていただいております。

新規顧客のリード獲得、商談獲得、受注の支援などを行っており、Webマーケティング施策だけでは届かない一歩踏み込んだ営業領域を幅広くサポートさせていただいています。


Q:実は弊社でも活用させていただいています。単なるテレアポの外注ではなく、支援先の商材をしっかりご理解いただいた上でアプローチ先のBANT情報(Budget:予算,Authority:決裁権,Needs:必要性,Timeframe:導入時期)まで取得される点が御社の特長ですよね。
具体的なサービスメニューを教えていただけますでしょうか?

企業のフェーズやプロジェクトの内容に合わせて選択できるよう、主に下記3つのサービスを展開しています。

一つ目は『DORIRU』
新規顧客獲得を目的に、プッシュ型のフルファネルマーケティングを提供しております。
プル型では獲得出来ない潜在層〜顕在層に対して効果的な施策を行い、ファネル全体で支援を実施しています。

二つ目は『OSHIDASHI』
インサイドセールスの代行です。インサイドセールスをアウトソースすることで、お客様は優先度が高い顧客に社内の営業リソースを集中させることができますので事業成長を加速させることに繋がります。
ボリュームに合わせて稼働できますので、コストが変動費化できます。

三つ目は『OIDEN』
インサイドセールスの1つですが、休眠顧客の掘り起こしなどお客様のハウスリードに対してのアプローチを行うサービスです。大量のハウスリードに対して大規模に架電チームを組成できますので、休眠顧客の掘り起こし、リサイクルリードへのアプローチ・追客などを一括で支援いたしします。

その他、セールステックツールをこの春にリリースいたしますので、こちらも別途、ご案内差し上げます!


Q:「ニーズやプロジェクトの内容に合わせて対応できる」という柔軟性に富んでいるところが魅力ですね。
創業のきっかけはなんだったのでしょうか?

弊社は「営業フリーランスのフランチャイズカンパニー」というビジョンを掲げて創業しました。
文字通り、フリーランスのプロ営業たちが営業活動をする「プラットフォーム」として機能しています。

「プロ営業集団」というのは、ギグセールスというプラットフォームにプロ営業たちが集まっている様を表現したものであり、我々社員はプロ営業の方々・営業を主軸にしたフリーランスの方々が安心して働ける場所を提供したいという思いで活動しています。

ひと昔前には、フリーランスのエンジニアやデザイナーがなかなかいい仕事に巡り合えないという時代がありましたが、この10~15年で個人と仕事のマッチングプラットフォームが出現し、フリーランスでも良い案件を受託できる仕組みができたことで、フリーランスとして安定して働けるようになりました。

エンジニアやマーケターでフリーランスという働き方が確立されてきたことと同様、「営業職」もフリーランスとして自立した働き方ができるはずです。
ただし、一部の方を除いてそういった働き方にチャレンジする機会や、安定して良い案件を受託する仕組みが世の中にまだありません。

ギグセールスはそのプラットフォームの運営社として世に貢献していこうと考えています。

オフィスの立地と雰囲気が抜群に良いこともあり、特に強制はしていないのですが、出社される方がほとんどです。実力と報酬を同時に向上させて、独立できる力を身につけられるところまで会社として支援していく、そういったスタイルで事業を展開しています。

■オフィス風景


Q:他にはない、新しいお取り組みですよね。
どういったバックグラウンドの方が御社でフリーランスのプロ営業を目指されるんでしょうか?

多いのはアパレル販売員やBtoCの業界で営業をやってきた方ですね。経験者は大歓迎ですが、BtoBの営業が未経験の方も多くいます。

営業未経験の方でいうと元野球選手というキャリアの方が多いです。実は毎月新たに入社する方のだいたい30%が元野球選手です。廊下を歩けば野球選手に当たる、というくらい(笑)。

要は「ひとつのことを一生懸命やってきた方」ですね。
ビジネスのスキルは持ち合わせていないが、イチから勉強し自分で稼げるようになっていきたい。そこにコミットして一生懸命頑張ることができる。
元野球選手以外でも、そういった想いを持つ方に多く来ていただいています。


Q:今後の事業計画や将来展望についてもお聞かせいただけますでしょうか?

まず直近、東証グロース市場への上場を直近の目標として事業成長することを掲げています。
その後、プライム市場への上場も計画しております。

しかしそれはあくまで通過点であり目標の一つであって、やはり根本的なビジョンである「営業フリーランスの方が安心して稼げる、安心して自分のキャリアを築き上げる環境をつくる」を実現し、多くの方にその環境を提供していきたいと思っています。

そのためには事業を大きくし、社格を高める必要がありますので、グロース市場への上場を事業拡大の一つの目標として掲げています。


Q:ありがとうございます。ここからは日商保のサービスについてお聞きできればと思います。
『敷金半額くん』を知った時の印象はいかがでしたでしょうか。

初めて聞いた時はインパクトしかありませんでしたね。こんなサービスあるんですか!という。

私自身も不動産業界を経験していますが、不動産業界はなかなか変えづらい業界です。その不動産業界の常識を覆すサービスで御社が事業を始められているということも含めて驚きました。


Q:前回のご移転・今回のご移転と二度ご利用いただきましたが、サービスを導入いただいたポイントは何でしょうか?

前回の移転時は業績は伸びているものの先行投資がありキャッシュフローがタイトでしたので、「なるべく安く移転したい、できることなら移転したくない」くらいの状況でした。

しかし人が増えたので、どうしても移転は避けられないというところで『敷金半額くん』を知り、使えばキャッシュアウトを抑えることができるというのが採用したポイントでした。

今回の移転時は運転資金を確保していましたので敷金を預け入れることも可能でしたが、やはり事業をグロースさせていく状況で資金は少しでも効率的に使いたいという考えから、『敷金半額くん』ありきで今期の財務計画を組みました。

御社のサービスを知ってしまったら、資金があったとしても従来通りの敷金額を支払う理由がないんですよね。

敷金がいまの倍出ていくと考えると、弊社の場合3,000万円近く消えてしまうことになってしまいます。それだけの資金があるなら、採用など事業への投資に使いたいですから。

それに加えて「エリアを変えたくない」という理由もありました。
弊社は渋谷区なのですが、区を跨いで移動するとなるとバックオフィスでは結構な労力がかかります。

人が増えた分、通勤経路が変わるなどの対応も大変ですし、反発も想定されます。 そのため渋谷区で探していたのですが、賃料が高いぶん敷金も高くなってしまいますので、『敷金半額くん』は本当に助かりました。


Q:嬉しいお言葉ありがとうございます!
今回は弊社のオフィス仲介サービスにて物件探しからお手伝いさせていただいたのですが、その印象についてはいかがでしょうか?

御社の仲介はとてもよくこちらの意図を汲んでくれ、例えば「1年後にはこのくらい人を増やしたい」など会社の中長期的な構想もしっかり捉えたうえでオーナーさんや管理会社さんに交渉していただいたり、とても寄り添っていただいた印象でした。

前回の移転は物件仲介を別の会社にお願いしていたのですが、当然、敷金が半額になるサービスがないのと、仲介としても御社の方がスピード感を持ってご対応いただける印象だったので、それ以来、日商保さんだけにお願いしています。

単にレスが早いから良かったというだけではなく、毎月状況が変わっていく成長企業のタイミングにちゃんと寄り添って動いていただいているのを感じられたからというのが大きな理由です。

私自身も不動産の営業経験がありますし、代表の小林も不動産投資営業をやっていたので、不動産営業に対する思いや早くレスすることの大変さ、オーナーさんを相手に調整を進める難しさは分かります。そんな中で御社の担当の方にはきちんと対応いただいて、とても信頼できました。


Q:ありがとうございます!ご対応させていただいた弊社メンバーもきっと喜びます!
ちなみに今回『敷金半額くん』を使って浮いた資金はどのように活用されますか?

採用とプロダクト開発の2つですね。
採用は計画通り進めていて、プロダクト開発では営業のDX化を充実させることで純利益を増やしていきたいと考えています。

これまではいわゆる営業の受託でやっていましたので、人月のビジネスモデルになっており「床面積=売上」という図式になっていました。
一定のところまではこれで良いのですが、このままだと生み出せる利益には限界が来ます。

そこをセールステックのプロダクトを開発することで利幅を大きくし、営業フリーランスの方々の報酬をしっかり増やしていければと考えています。

また我々社員がアナログでの作業もあり、クライアントや社内でのレポーティングもパワーポイントや手集計でやっていたりしますので、そこをDX化してオンタイムで閲覧できるようにするなど、業務全体を効率化していきたいですね。


Q:最後になりますが『敷金半額くん』を検討中の他の企業様へメッセージをお願いいたします。

敷金というとオフィスの初期費用で一番高いところなので「引越ししたいな」というときの負担として一番に頭に浮かぶところだと思います。

それが半額になるということは、フットワークが軽いスタートアップ企業や成長企業にとってすごくありがたいサービスですよね。移転や増床も多いので、親和性が高いのではないかと思います。

実際に使ってみてとても利用しやすいサービスですので、是非活用されると企業の成長戦略やタイミングに合わせた様々な意思決定がしやすくなるのではと思います。

「まだまだ認知させきれていない」というのが弊社の課題なので、御社のお力添えもいただきながら、これからも取り組んで参りたいと思います。
本日はありがとうございました!