株式会社ディアロネット 木村正彦氏

お客様の声

株式会社ディアロネット

代表取締役社長 木村正彦氏

ディアロネットは、ホームページやWebシステムの開発からデザイン、運用・保守までを一貫してサポートしている企業だ。徹底した自社開発のこだわりは、業界でもトップクラスの評価を受けており、大手企業から直接指名を受けて開発から運用・保守を行うまでに。そんな成長著しいディアロネットについて、理念や組織論について話を聞かせてもらった。

ディアロネットの強みはシステム開発からデザイン、保守・運用まで一貫してできる社内の技術力

Q:貴社の事業内容についてお聞かせください。

A:ホームページを作っています。ホームページを作ると言っても二つ世界があって、見た目を作る部分と裏側の仕組みを作る部分と二つの世界があるんですが、両方をやっています。

Q:他社と差別化しているポイントってありますでしょうか?

A:他社とまず一つ違うのは、一般的には裏側の仕組みを作る会社(サーバーなどのシステム構成・開発)と、表で見える部分を作る会社は、たいてい別々なんです。コンピューターシステムの会社が裏側の仕組みを作って、表から見える部分は、ポスターやパンフレットを作るようなデザイン会社が作っていることが多いですね。それを両方、一気通貫でやるって会社は少ないと思います。それをディアロネットでは両方やっているのが大きな差別化のポイントです。

両方やれるという記載の会社はそれなりにありますが、実際は外注したり、フリーランス使ってますというケースが多いです。社員がやっている場合も技術水準が低くて問題が発生することがあります。
ホームページの見た目を作っている技術は、HTMLというプログラムコードになりますが、インターネットエクスプローラーでは見れるけれど、他のブラウザでは見れない、文字が変にずれてしまうという問題を発生させたりしてしまう訳で、なぜ発見しないまま出荷してしまったんですか?という次元の低い問題が結構発生してしまうんです。

ディアロネットっていうのは開発会社からスタートしてるので、開発はほぼ負けません。ディアロネットが出来なくて他の会社が出来るって場面に遭遇したことはないですね。大手のシステムの会社が下請けに使うような会社ですので、出来て当たり前のレベルです。また下請けに入らずにお客さんと直接取引してもいます。それだけ技術に自信があるということです。

Q:直接頼むと、コストとかも安くなるのでしょうか?

A: コストは大手システム開発企業が120万円で受注して、ディアロネットに100万円で下請けに出して20万円手数料を取るというのが一般的な構造ですが、お客さんとディアロネットが直接取引すれば、お客さんは100万円で取引出来ます。中間マージンがカットされるので、お客さんにとっては金額的なメリットが大きくなります。

ディアロネットにとってはどうかといいますと、お客さんと直接会話をしながら作ることが出来るんです。同じ100万円の案件でも下請けで受ける100万円は手間暇かかって100万円。お客さんと直接取引すると、右ですね左ですねってすぐその場で決まって、スムーズに作れて同じ100万円。効率のよさが違うわけです。

Q:元々、起業をしようと思ったきっかけってなんですか?

A: サラリーマン時代に冗談で木村王国を作りたいねって話をして、じゃあお前、運輸大臣やってくれよ、お前、大蔵大臣やってくれよなという冗談を言っていました。そんな冗談みたいな話が本当になったんですが、きっかけはサラリーマン時代に銀行の金融のシステムに携わっていたことが原因だと思います。

金融について学ぶと、商売を学ぶのと非常に近いものがあるんですね。お金の流れっていうのを意識すると商売っていうのが見えてくる。お金の流れを意識するようになってくると、経営っていうものが見えてきました。では、自分でやろうかっていうことになりました。そういう流れですね。

人と人の間に本来、壁なんてない

Q:会話的な繋がりというメッセージを掲げていらっしゃいますが?具体的に説明いただけますか?

A:まず、ホームページに会話的な繋がりってなんですか?っていうことが書かれています。どういうことが書かれているかといいますと、ない壁があたかもあるかのように世の中って動いてるでしょってことを書いています。
例えば地方と都会、年齢による違い、住んでる所による違い、学歴による違い、男と女の違い、色んな違いがあると思うんですね。その違いが単なる違いなら良いのですが、その間には壁が出来てしまいます。

でもそういう、違いがあるのはあくまで違いでしかなくて、本来壁なんてないんです。社長だからお会いするのに気後れしてしまいますなんて言われますが、関係ないんです。社長だってただの人間で、コンビニ弁当食べてるんですから。

ただのおっさんなわけです。本当は壁なんてないはずですが、世の中壁だらけ。見えない壁があたかも存在するかのような勘違いは止めましょう、そして会話しましょうっていう意味で、会話的な繋がり(Dialogic network)を社名にしました。皆、心の中に区別ってあるわけです。人を区別してる。区別していいんだけど、だからって遠ざかる必要ってないですよね?もっと普通に話そうよ。対等に普通に話そうよという意味合いでディアロジック・ネットワーク、ディアロネットという名前にした訳です。

会話から始まってディアロネットさんとは意見が合いませんね。さようならというのでしたら、それはそれで仕方ないんです。
だけども話す前からディアロネットなんて零細企業とは取引出来ないねっていう人がいたとしたら、ちょっと待ってよと。同じ人間ですよね、と。あなたの部とうちの会社と同じぐらいでしょ?いや部だと思って下さいっていうことですね。とにかく従来の年取った人が偉い、若い人が偉くない、大企業が偉い、中小企業が偉くないというような既成概念をひっくり返したかったんですね。歳の差を超えて、性別を超えて、地域を超えて、「とにかくお話しましょう」という願いです。

ですので、会社の中も例えば給与システムは年功序列では全くありません。成功報酬ってわけじゃないけど、能力に応じて給料を決めるので年齢逆転ていうのはたくさん起きてます。年齢で給料は決めません。男女の違いで給料は決めません。あとは、例えばITエンジニアなんて、あんまりお話しが得意じゃない内向的な人が多い。そんなことでも決めません。だから会社のあらゆるシステムが年齢、地域、性別その他全く関係なく仕事をする能力のみで決められてます。

オフィスビル移転で、求人応募数が10名が380名に!

Q: 今のオフィスビルを選ばれた理由を教えてください。

A:よくある話だと思いますが、手狭になりました、さあどっかに良いビルないかなっていうところがスタート地点になります。少しお金も出来たので、ちょっと立派なところに借りようとなりました。その時に、このビルの営業マンが必死に営業してきたので、実は最も高い金額だったんだけど、決めました。

単純に坪単価とかコストパフォーマンスは、今のビルより良いビルもありました。ですが、テレビコマーシャルだって映る有名なビルなんです。都庁の隣にあって、東京マラソンの時もそうだし、CMとかにも出たり、テレビのニュースにも良く映ります。入居の際は、ちょっと高いとも思いましたが、実際はそれほど高くなかった。

求人の応募数に大きな影響がありました。入居前のビルで求人募集をしたら、1ヵ月の募集期間で10人くらいの応募者数しかありませんでした。このビルに引っ越してから、また募集広告出しました。社員も事業内容も全く変化ありません。社員数も変化ありません。資本金も変化ありません。住所が変わっただけ。で、380人の応募です。

皆さんが求人に応募するときのことを思い出してもらうといいのですが、会社のことはなかなか分かりませんよね。どんな社長で、福利厚生、給与システムはどうなのかなんて、分からないまま応募しているのです。イメージでしかないわけです。ディアロネットの考え方やホームページを見て共感してもらえるのも半分あるかとは思いますが、新宿駅から徒歩10分で、あの高層ビルでかっこいいから応募してくれるわけです。実際に応募が10人が380人になっています。私たちのようなIT企業は人が命ですから、これだけ求人効果が高ければちょっと高めの家賃もペイ出来るということですね。

元居たビルは、1フロアにトイレが1個でした。昼だとトイレ待ち行列が出来るくらい。だけどこの手のビルなら何個もある。基本的な設備が整っていますね。社員の働きやすさの面でもプラス効果があります。 そして、 最初は70坪から始まって、次に200坪に。2ブロック400坪になって、今は600坪になりました。そんな変遷ですね。

Q:次に、貴社の事業計画や将来展望について聞かせてください。

A:事業計画としては、ちょうど先々週に子会社を買収しましたが、ディアロネットという会社自体は、大きくするつもりはありません。微妙に大きくはなるかもしれませんが、これ以上あまり大きくしたくないと思ってます。一つの大きな会社を作るのではなくて、小さい会社を複数作りたいと考えています 。

社員の名前分からなくなるのが嫌だからです。大きい会社だと、人を物のように考えないと管理できない。一人一人、あの社員の家庭では、こういう問題があって、困ってて、こういうことに頑張って、良いところがあって、赤ちゃんが生まれて、みたいなことが分からなくなることが嫌なので、大きくしたくない。
であれば、小さい会社をもう1個持てばいいんです。そこにはちゃんと社長がいて、コントロールしていると。それを管理すればいいということですね。家族に当てはめると、おじいちゃんの存在ですね。そうやって、グループを作っていきましょうということです。

ようはピラミッド構造です。ディアロネットっていう会社はフラットなんです。社長、役職者って私しかいないんです。あとは、みんな全員、平社員。課長とか部長とか存在しません。
一般的には課長に出世したら、来年も課長なわけです。ですが、能力は別ですよね。1人としてみれば優秀な社員だけれど、課を束ねるとなるとダメだとなった時に、課長職を解くというのは、なかなか日本の習慣上しにくい訳です。また、したとしても降格となれば、もうダメだ、これ以上会社に迷惑かけられないとかってなってしまう訳でしょ。迷惑かけてなくても。そういうネガティブな要素や役職のような既得権にしがみつくのを排除したかった訳です。

給与システム上の役職手当なども存在しない。その考え方をグループ全体に適応すると、ディアロネットの理念である壁をなくすことに繋がる。まずは会話しましょうと。まずはコミュニケーションをしましょうと。
一人一人が得意分野を発揮している状況を作る。一人一人の得意なことをやらせてあげられる世界を作る。そうしていけば、絶対にハイパフォーマンス集団になります。

良いオフィスに入居することはメリットが大きい

Q:「保証金半額くん」を知ったきっかけは何だったのでしょうか?

A:事務所を2倍にする増床時に敷金が億を超えました。結構大きなお金になるわけです。そうしたところ、ビルの営業の方より提案されたのがきっかけです。

手元流動性を確保したかったからっていうことですね。お金はどうにでもなりますが、手元に少しでも多くのお金を残しておきたかったから。
お金っていうのは、寝てると勿体ないんです。敷金ていうのは寝てるお金の代表格なんですね。預けておいて使えないし、金利がつくわけでもない。お金の使い方としては非常に勿体ない、死に金です。事業に使って利益を生み出す方がよっぽどいいよねっていうことですね。

銀行から借りたお金で敷金を払ってもいいのですが、それでは融資枠が減ってしまいます。保証金半額くんなら、融資枠が減りませんから、事業の為に有効活用できるんですね。銀行与信に影響を与えないのは大きいです。

Q:最後に移転を考えている方にアドバイスをお願いいたします。

2つあります。今の時代、人材不足です。どこの業界でも人材不足って言われている世の中です。さきほどビルを変えただけで、求人応募が10人が380人になったと言いましたが、働く環境が重要です。少しでも社員を働きやすくすることは、優秀な人材が集まって売り上げが増えて利益が増えていくことに繋がります。そのためにも、良いオフィスに転居して下さいと、のが一つです。

2つ目が、でもそうはいっても、お金はかかってしまいます。一番大きいインパクトがあるのは初期費用なんですよ。最初に敷金もたくさん払って、かつ内装工事もやってって、一番最初がガツーンとかかって、月々は、まあ何とかなります。月々は何とかなるけど、最初の保証金がどうしても払えないんですよって人は結構多いんですよね。でしたら、保証金半額くんを使えば良いと思いますね。この2つがオフィス移転を検討中の方に言いたいことです。