コラボレーションスタイル

代表取締役 上原祥意氏

コラボレーションスタイルは、銀座に店舗を構える隠れ家的なオーダースーツサロンだ。高品質なスーツと、それぞれのスタイルや好みにあわせたスタイルの提案に評価の高いお店だ。リピーターを多く抱える同店に、なぜ選ばれるのか、また引き続き選んでもらえる理由を聞いた。

インタビュアー:
事業内容について教えて頂けますでしょうか?

上原:
オーダースーツ、オーダーシャツをメインにしたオーダーショップです。他社に比べると少し高級な物になりますね。

インタビュアー:
他社と比べて、どのような価格帯なのでしょうか。

上原:
大手さんは低価格路線が多いですね。オーダーショップをやられている方も、10万円までいかないものが多いと思うんですよね。コラボレーションスタイルでは12万円から25万がメインになります。また40万から50万のスーツも売れますね。高級でもありますが高品質なものを扱っております。

インタビュアー:
御社はお客様のスタイル作りを大切にされているとお聞きしておりますが、具体的にご説明を頂けますでしょうか?

上原:
大手のように薄利多売で販売しているお店と違い、僕らの場合はお客さんと出会ってから20年以上の方もいたりするように、お客さんのライフスタイルや仕事を全部分かった上でさせていただいています。殆どのお客さんの仕事を知っていますね。
オーダーだから出来るって部分もありますけど、既にある物を売るわけじゃないので、お客さんも参加してるみたいな感じですよね。自分の作る物に対して。

インタビュアー:
一緒に作るということですね。

上原:
そうですね。ホームページにも書いておりますが、お客さんともコラボレーションしてるという意味ですね。工場や職人とのコラボレーションでもあります。

インタビュアー:
ありがとうございます。他のオーダースーツさんとの差別化をどのようにされているのでしょうか。

上原:
そうですね、一番はトップクラスの工場や職人と一緒にコラボレーションしてるということですね。
また、僕自身も20何年やっていますが、他のオーダーショップと違う点として、売るというよりは自分が買ったり作って良かった物を紹介している感じはありますね。結局自分が作っていないものは売っていないんです。

インタビュアー:
ちゃんと自分が着てみて良かったと思った物をということですね。

上原:
そうですね。そうじゃないと高い物は売れませんよね。

インタビュアー:
熱の入れ方が違うってことでしょうか?

上原:
熱の入れ方も違うし、その信憑性も違ってきます。今、世の中色んな物があって、何処で何買っても同じになってきています。では何でうちで買っていただけるのかですね。色々な店やスタッフがいますが、最終的には誰から買うのかになってくるんですね。
保証というか、僕が実際着てみてから売っているので、間違いないだろうという点ですね。
後は、さっき言ったように業界長く居ますので、生地もそうですし、工場もそうですし、職人もそうですし、日本の中でもトップクラスの人達とコラボレーションできてるっていうのがあります。
大手の大きい企業で契約金いくらとかでやるのとも違い、僕等は完全に人と人との職人との、じゃあ一緒にやろうかみたいなのでやっていますので、その辺は違うんじゃないかなとは思います。

インタビュアー:
今のご入居されているビルを選ばれた理由を教えて頂けますでしょうか?

上原:
銀座でずっとやってきていましたので、銀座の15坪から20坪ぐらいの間で探していましたね。いくつか候補がありましたが、立地やフロアのレイアウトなど最終的にここを選びました。今4Fですが、お客さんが上がってきて、ちゃんと作りこんでおくことで、高級感もそうですが、安心感も出るのではないでしょうか。

インタビュアー:
事業計画、将来展望についてお聞かせ頂けますでしょうか?

上原:
多店舗化するつもりは全くありません。有能な人間を採って、規模を拡大するっていうのは可能性はあります。ただ、そちらが先にはしていませんね。

インタビュアー:
それはなぜでしょうか?

上原:
昔いた会社は5店舗ぐらいから始まり、今20店舗くらいに増やしています。ビジネスとしては成功かもしれませんが、やりたいこととは違ってきてしまう。どうしても多店舗展開していくと、やりたいことが薄まってしまいます。
ですので規模を大きくしても1店舗になるでしょうね。好きなことをやって生きていく、今流行っていますが、そういうことです。

後は、今の30代・40代って、洋服だったりスーツだったり靴だったりそういう職人が実際増えてるんですね。

インタビュアー:
そうなんですか?

上原:
今の50代、60代っていうのは、少ないんですね。上は80代とかなんです。高度経済成長時代は結局、みんな給料がいいところに行くわけですから。ですが、今やってる子達って給与についても分かっててやっています。好きでやっているので、職人の技術は今の子達の方がありますね。研究とかも凄くしています。

インタビュアー:
研究しやすい環境っていうのもあるのでしょうか?

上原:
ヨーロッパ行くのも普通ですからね。料理人と一緒です。行ってて当たり前になりつつあります。そのまま住み着いてる人達もいます。ですので、そういう人とのコラボレーションだったり、今後新しいことが出来ればとは思います。
実際、その人達に何が足らないかっていったら、僕等みたいな存在が足らないのです。ようは販売出来る人間ですね。もちろん良いものを作るわけですが、お客さんに伝わるかどうかですね。

インタビュアー:
販売ルートもそうですし、見せ方とかもありますよね。

上原:
例えば、スーツだったら10万円以下とかは、この生地はこうですよ、あの生地はこうですよ、これはこう優れてますよっていう説明をすることによって売れる物なんですよ。ただスーツが40万とか50万になってくると説明したからって売れないんですね。お客さんが欲しいか欲しくないかなんですよ。

インタビュアー:
そうなんですね。

上原:
一生懸命説明しても、高い物買う人ってそんなの面倒臭いってだけの話なんです。良い物をたくさん見てきています。それは洋服だけに限らず、車や時計もそうだと思うんですが、欲しいか欲しくないかだけになります。僕らみたいな仕事は、極端な話、「うちの職人のスーツ、騙されたと思って1着作ってみて下さいよ」「じゃあ、1着作ってみようか」という形で間にはいる仕事ですね。そうでもなければ、40万、50万するわけですから売れていきません。「これはこうです、これは凄いですよ、ここがこうなっていますよ」と言ったところで、「あー、そうなんだ」で終わってしまいます。

逆に、10万円ぐらいまでだったら、ちょっと頑張ればみんな売れるんですね。だいたいそれぐらいだろうなって、みんな思っているからです。そこが1個の大きい壁になります。

インタビュアー:
確かにそうですね。

上原:
スーツ買いに行こうかっていって、まあ7、8万円ぐらいかなとか思う訳です。今はもっと安い3万円台、4万円台のところもありますが。それを飛び越えて15万、20万出そうか、もうちょっと出そうかっていうのとは中々難しい。僕等の売ってる物は、正直無くてもいい物じゃないですか。一生懸命、色んな物をお金を節約して節約して買う物でもありません。昔はよく買い物は後悔がつきものだみたいに言いましたが、今は楽しみながら買わないと。
僕等は、お客さんと1回だけで終わるのではなく、ずっと長く付き合おうとしています。無理に買ってもらったとしても、それで終わりになっちゃうんですよね。長く無理なくっていう感じですよね。そうすると、お客さん同士が勝手に売ってくれる。

インタビュアー:
口コミとかですね。

上原:
あと、お客さんが同じ店内に居ると、これいいと思いますよってオススメしあったりするんですね。じゃあそのオススメを一つという感じで売れたりします。
イタリアのテーラーって、溜まり場みたいになっているんです。仕事終わりにちょこっと寄って、コーヒー飲みながら会話して、その日は買わないかもしれないけどたまに買う。そういう溜まり場みたいなのが出来れば、自然とお客さんは広がっていきます。その中で、出来そうな人がいたら、「お前ちょっと働かないか」って、そういうのが洋服店でも昔はもっとあったと思うのです。

インタビュアー:
ありがとうございます。次に弊社のサービス保証金半額について知られたきっかけを教えて下さい。

上原:
起業して、知人の不動産会社でビルの契約した時に、こういうのあるよと言われたたのがきっかけですね。そこが色々手配をしてくれたっていう形にはなります。

インタビュアー:
保証金半額を知って導入を決定したポイントは何だったんでしょうか?

上原:
起業したタイミングでしたし使い道もありますので、お金は残しておきたかったというのがあります。
それに常々、保証金はなんでそんなに必要なんだっていうのは感じていました。12ヵ月の保証金が半分になるというので、お金も寝たままにしなくてラッキーと。

インタビュアー:
保証金半額で浮いた資金をどのようにご利用されたのでしょうか?

上原:
そうですね。内装だったり仕入れだったりですね。起業して物件を借りて内装やって商品仕入れて、という一気にお金が動くタイミングでしたので、ちょっとでも使えるお金が増えればという感じでしたね。

インタビュアー:
最後に移転を検討されている方にアドバイスをお願いします。

上原:
新しい会社だったり、自分達が成長していく途中の企業は、(保証金半額くんを)使った方がいいですでしょうね。もちろんサービスが使えるビルかどうかというのはあったりはするでしょうが、保証金で寝るだけのお金は勿体無いですからね。

コラボレーションスタイル
東京都中央区銀座3-8-15 APA銀座中央ビル4F
http://www.collabo-style.jp/