移転コンシェルジュさん

  • 移転コンシェルジュさん
  • 料金体系
  • お申込みの流れ

オフィス移転のコンサルティングサービス「移転コンシェルジュさん」

移転の負担を大幅に軽減できるサービス『移転コンシェルジュさん』

オフィス移転担当者は、損をしないために、見積もりや内覧、施工例を大量に比較・検討するなど大きな負担を抱えています。
また、担当者だけでなく、会社にとっても移転は大きな金額が必要となり、経営の負担となっています。

そんな担当者・会社にとっての負担を一気に変えるのが
移転コンシェルジュさんです。

ワンストップサービスによる、窓口の一本化。事前のヒアリングから適する業者をマッチング。
予算と移転イメージにあわせた適切な移転を可能とします。
「移転コンシェルジュさん」は、窓口として、また第三者の監督機関としても移転をフォローいたします。

また、弊社サービスを最大限利用することで
初期費用を最大64%削減(※)いたします。

担当者にとっても会社にとっても、適切な時間とコストで最適な移転を叶えるプロジェクトです。

※敷金(坪単価20,000円)×100坪×12ヵ月の物件(通常敷金24,000,000円⇒サービス利用にて12,000,000円)、
内装費(坪単価100,000円/割賦期間36ヵ月)100,000円×100坪×2.90%の場合(通常10,000,000円⇒サービス利用にて290,000円)の場合

たとえば100坪のオフィス物件に移転の際の移転初期費用

100坪、坪単価2万円、敷金12ヵ月と仮定。また、内装費用を坪10万円とした際


 通常の移転移転コンシェルジュさん
合計3600万円1489万円
賃料(初月度)200万円200万円
敷金2400万円1200万円
内装費1000万円29万円
年間保証料保証会社による60万円

敷金は「保証金半額くん」を利用し、2400万円(月額賃料12ヵ月)納める必要性のある敷金を、半分の1200万円に減額いたします。
尚、年間保証委託料として、5%の60万円が必要となります。(3年ご契約いただいた場合は、180万円となります)

内装費用は割賦契約を利用。最大36ヵ月払いにできます。
1000万円の内装費用の場合、毎月29万円を36ヵ月で払います(総額1044万円)
割賦契約は内装費用の他、什器購入費用にも利用可能です。

両契約ともに審査が必須となり、3期分の決算書等が必要です。

オフィス移転支援 提供サポート

①不動産仲介サポート

相性の良い不動産仲介会社を選べれば、お客様の望む条件に近い物件の見つかる可能性が高まります。
クライアントと不動産仲介会社の相性を考慮し、最も適している会社をご紹介します。

②内装業者サポート

移転先の内装に関するご要望を伺います。
見積もりや施工の過去事例を精査の上、最適な業者をご提案いたします。

③金融機関紹介サポート

資金面での相談にものることが可能です。
数ある金融機関の中からご要望に合わせて最適な機関をご紹介します。

④内装工事費・什器備品割賦サポート

内装工事と什器備品に関する費用をオフィス移転時に一括で支払うのではなく、割賦販売にすることで、移転時の初期費用を大幅に下げることが可能です。
◇対象物件金額:500万円~1,500万円(税別)
◇割賦期間:24ヵ月(毎月総額の4.32%支払い)もしくは36ヵ月(毎月総額の2.90%支払い)
(500万円を36ヵ月の割賦販売を利用する場合は、月々14万5千円を36ヵ月間お支払い頂きます。)
※与信審査には、原則決算書3期分が必要です。
※法人代表者の個人保証を頂きます。
※動産総合保険は付保していません。
※期間36ヵ月以上を希望の場合は別途ご相談ください

⑤敷金減額サポート

オフィス移転は通常8~12ヵ月の敷金がかかります。
その敷金を半額、保証に代えるサービスです。
◇保証委託料 5~10%
◇保証期間 原則2年(最大3年)
※日本商業不動産保証の審査が必要です

料金体系

敷金減額サービスご利用料金

敷金減額サポート
オフィス移転は通常8~12ヵ月の敷金がかかります。
その敷金を半額、保証に代えるサービスです。
◇保証委託料 5~10%
◇保証期間 原則2年(最大3年)
※日本商業不動産保証の審査が必要です

内装工事・什器備品割賦サポート ご利用料金

内装工事と什器備品に関する費用をオフィス移転時に一括で支払うのではなく、割賦販売にすることで、移転時の初期費用を大幅に下げることが可能です。
◇対象物件金額:500万円~1,500万円(税別)
◇割賦期間:24ヵ月(毎月総額の4.32%支払い)もしくは36ヵ月(毎月総額の2.90%支払い)
(500万円を36ヵ月の割賦販売を利用する場合は、月々14万5千円を36ヵ月間お支払い頂きます。)

※与信審査には、原則決算書3期分が必要です。
※法人代表者の個人保証を頂きます。
※動産総合保険は付保していません。※期間36ヵ月以上を希望の場合は別途ご相談ください

移転の検討を始めだした段階でまずはご相談くださいませ。

お申込みの流れ

① 入居ご検討の時点で弊社にご相談ください
(移転時期が未定でもお気軽にお問い合わせください)

② 弊社の移転コンシェルジュが、移転希望についてヒアリングいたします

③ 弊社による財務審査が行われます
(必要書類をご提出後、翌3営業日以内に結果をお知らせいたします)

④ ご希望に応じて、不動産仲介・内装業者・その他業者、金融機関をご紹介いたします。また、割賦サービスご利用希望の場合、別途、割賦用の審査いたします

⑤ 物件が決定。賃貸のお申込み
(保証金半額くん利用の旨も併せて賃貸のお申込み)

⑥ 内装や原状回復などご相談に乗ります

⑦ 移転の完了までが「移転コンシュルジュさん」サービスです

 

必要書類

「敷金減額サービス」「割賦契約」の審査に必要な書類です

〇保証委託申込書
〇代表者の本人確認書類(免許証等公的身分証明書の写し)
〇確定申告書3期分
〇会社登記簿謄本     など

 

※設立から3期未満の場合
〇保証委託申込書
〇代表者の本人確認書類(免許証等公的身分証明書の写し)
〇設立後の確定申告済み決算書
〇代表者の職務経歴書
〇会社登記簿謄本
〇月次試算表
〇事業計画書
〇青色申告書(事業主からの法人成りの場合)  など