敷金を半額に。保証金半額くん

敷金が半額になるサービス

オフィス移転先の賃料が100万円/月・賃料12ヶ月の場合
通常ですと、1200万円の敷金を預託する必要性が有ります。

「保証金半額くん」は敷金の半額に当たる部分を保証に変えることで、敷金を減額する仕組みです。
※減額部分について、テナント企業様に代わってビルオーナー様にお預けするわけではありません。

オフィスを借りる企業様(テナント)にメリットの大きいサービス
企業がオフィスを借りる際に、ビルオーナー様に対して敷金として、賃料の8~12か月分を預入れる慣習があります。
家賃の不払い・滞納リスク・入居テナントの過失による修繕費用(原状回復)の担保として預け入れを行います。
基本的に契約終了後に返却されるお金とはなりますが、初期費用として納める必要性があり、テナント企業様に大きな負担を強いるものでした。弊社では、そんな敷金の半分を保証サービスに変えることで、初期費用を浮かすことが可能です。
オフィス移転の初期費用を大幅に減少させ、手持ち資金として有効活用することができます。

 

 

メリット

敷金が半額に

オフィス移転の際に必要な敷金8~12ヶ月を半額にすることができます!
月額100万、敷金12か月のオフィスを借りる際には、敷金として1200万円ものお金を納める必要性があります。
企業にとっては眠ってしまう資金となりますが、保証金半額くんを利用することで、浮いたコストを本業の投資・人材採用・内装費用などに充てることが可能になります。

自己資本比率等の資産効率化

敷金が減額になれば、決算上も敷金として計上する額が減ります。また、敷金を預入れるために借り入れをする必要がないため、自己資本比率を向上させることにも繋がります。
貴重な借入枠を敷金で消化させずに済みます。

預託金の未返還リスク軽減

敷金は、借りる企業様(テナント)が破産等した際に備えてオーナー様が預かるお金ではありますが、逆にオーナー様が破産等してしまいますと、テナント様は預入れている敷金を返してもらえなくなる可能性が有ります。預ける資金を減らし、リスクを軽減することができます。

 

ご要望例

ベンチャー企業から大企業まで対応いたします(最大引受額:原則1億円)

ベンチャー企業A社様
今の事務所も手狭になってきた。次は15名入る事務所にしよう!


CASE1 事業拡大を考えている企業様。採用活動を進めながら新しい事務所を探している。
15名へ社員を増員する計画。また、打ち合わせスペースとして6名用の会議室を2つを希望している。
社員1名あたり2坪と言われておりますので、
15名×2坪=30坪の執務スペースが必要です。
また、打ち合わせスペースとして5坪の会議室を2部屋用意。

合計で40坪のオフィスとなります。
(坪単価@20,000円、敷金10か月の場合で想定)

この場合、800万の敷金が必要 となります。

その他、内装費・引っ越し費用・原状回復費などを考えると、採用計画が遅れてしまう可能性もあります。

そこで、「保証金半額くん」を採用へ。
400万円分を保証に転換。浮いた費用を人材採用に回し、採用計画を遅らせることなくオフィス移転が実施できます。

 

保証金半額くんの保証委託料は5~10%。
5%と仮定した場合、今回のケースでの保証委託料は20万円。月に換算すると1.67万円の負担となります。

 

成長企業B社様
業績好調。会議室や休憩室を広く取り、社員に居心地の良いスペースを作りたい
CASE2 社員20名で50坪のオフィスに居る。業務成績が好調で、会議室なども余裕をもちたいと100坪のオフィスへと移転することになった。

100坪のオフィスに移転を検討する場合
(坪単価@20000円 敷金12ヶ月の場合で想定)

2400万円の敷金が預託する必要のある金額となります。

 

保証金半額くんを利用することで、1200万の初期費用が浮きます。

結果として十分な内装費が捻出でき、
広いエントランスや、ゆとりのあるオフィス空間を作ることができます。

保証金半額くんの保証委託料を5%と仮定した場合、
今回のケースでの保証委託料は60万円。月に換算すると5万円の負担となります。

 

大手企業C社様
ネット設備を最新鋭のものにする必要性がある。設備投資が想定以上に膨れたため、予算が足りなくなる可能性がある
CASE3 インフラ設備の老朽化に伴い、100名いる部門のオフィス移転をすることになった。
初期費用が大幅にかかるようであると予算が足りないが、オフィスのグレードも下げたくない。

300坪の事務所に移転することに。
(坪単価@30000円 敷金12ヶ月の場合を想定)

1億800万円もの敷金を納める必要性があり、同時に設備投資を進めるのが難しい状況のケースとなります。
設備投資のグレードも下げにくく、またオフィスのグレードも下げれない状況というお悩みにも対応できます。

大手企業様においても、一括で支払わなければならない敷金が負担になることがあります。
来季の予算を取り直しだと時間コストがかかり、借入になるととたんに重たい話になってしまいます。

そんな中、保証金半額くん採用により、5400万円分を保証に転換することに。
初期費用を削減することに成功し、オフィスのグレードを下げることなく予算内へ。
稟議を通過し、無事移転することができます。

保証金半額くんの保証委託料を5%と仮定した場合、
今回のケースでの保証委託料は270万円。月に換算すると22.5万円の負担となります。

 

>>併せましてお客様の声・導入事例もご参照ください。

 

 

動画

1分半で分かる「保証金半額くん」
是非ご覧くださいませ。

料金体系

◎年間保証率

保証額の5~10
※審査状況・保証額に応じて変わります

◎最低保証料
最低保証料は5万円となります。

連帯保証人不要

◎保証期間
基本2年契約/最長は原則3年

 

更新日:

Copyright© 株式会社日本商業不動産保証 , 2017 AllRights Reserved.