『保証金半額くん』保証内容

保証範囲

賃料・原状回復費をはじめ、賃貸借契約上、債権・債務の取り決めのあるもの

賃料・共益費・原状回復費・解約通知義務違反・早期解約違約金など、あらかじめ設定いただいた費目を保証範囲と定めることが可能です。
通常現金でお預かりされる保証金と同じようにお使いいただけます。

 

支払限度額

あらかじめ定めた額(1億円まで設定可能)

保証金半額くんは、『賃料の〇〇ヶ月分まで』『原状回復費用については〇ヶ月分まで』といった取り決めはありません。
上記保証範囲事項該当の債権・債務であれば、契約時に設定した保証額を限度として保証します。
保証額は1億円まで設定が可能(1億円超の扱いは要相談となります)

 

保証履行までの流れ

支払事由

①入居テナントが破産・民事再生などの法的倒産した場合
②入居テナントが賃料の不払いを起こし、解除事由に該当した場合

上記どちらかの事由に該当した場合、明け渡し訴訟手続きを弁護士に委託していただき、保証履行します。

 

審査格付け・スコアリング

定量項目にフォーカスした財務審査

日本商業不動産保証の財務分析は、従来の信用調査とは異なり、その企業の信用度を主に資金繰りの側面から分析し、「粉飾決算」のような今まで見抜くことが難しかった危険な資金繰りを見抜けるのが大きな特徴です。

一般の審査機関と異なり、定量項目のみで審査を行うため、比較的社歴の浅い企業であっても財務内容の評価が高い企業は審査評価を得やすいという特徴があります。
そのため、設立年次が浅い判断の難しいベンチャー企業も審査が可能です。

 

更新日:

Copyright© 株式会社日本商業不動産保証 , 2017 AllRights Reserved.