ビルオーナー様にとってメリットのある保証サービスであるために

ビルオーナー様向け 保証金半額くん│日本商業不動産保証

敷金が半額になるサービス

ビルオーナー様にとってメリットのある保証サービスであるために

オフィス移転先の賃料が100万円/月・敷金12ヶ月の場合
通常ですと、1200万円の敷金を預託する必要性が有ります。

「保証金半額くん」は敷金の半額に当たる部分を保証に変えることで、敷金を減額する仕組みです。
※減額部分について、テナント企業様に代わってビルオーナー様にお預けするわけではありません。

ビルオーナー様にとってもメリットのある保証サービス

通常、テナント企業がオフィスを借りる際に8~12ヶ月の敷金を初期費用として払いますが、保証金半額くんは敷金の半分を保証に変えるサービスになります。
保証金半額くんは、オーナー様にメリットの無いサービスのように思われがちですが、実はオーナー様にとってもメリットのあるサービスとなっております。

 

メリット

メリットその1優良なテナント企業に入居いただけるサービスです

弊社ではしっかりとした保証審査を実施しています。財務状況に応じてサービスのご利用をお断りすることがあります。必然的に優良テナント企業しかご利用いただけません。
空室を埋めることは重要ですが、同時にテナント企業の財務状況をしっかりと把握することで、不払い・倒産等のリスク軽減につなげることができます。
また、弊社の独自審査により、創業まもない企業やベンチャー企業に於きましても審査が可能となります。

メリットその2リーシング強化。他ビルとの差別化を図れます

テナント企業にとって敷金を半額にすることは、大きなメリットとなります。
同じエリアで同じような賃料のビルが空いているとき、他のビルと差別化ポイントとしてもご利用いただけます。
差別化をするためには、フリーレント・賃料ダウンなど様々な手法が有りますが、保証金半額くんは一番デメリットのない解決法といえます。

メリットその3入居テナント企業の財務状況を毎年把握できます

弊社サービスをご利用のテナント企業には毎年、決算書を提出いただいております。審査は入居時だけでなく、毎年行います。
入居テナント企業の直近の財務内容を把握することができますので、次回の賃貸借契約更新の判断材料にもなります。
入居時のみだけでなく、期中の審査も行えるサービスとなっております。

 

サービス詳細につきまして

よくあるご質問(オーナー様向け)はこちらから

保証金半額くんの保証内容はこちらから

パンフレットのダウンロードはこちらから

 

 

 

更新日:

Copyright© 株式会社日本商業不動産保証 , 2017 All Rights Reserved.